首から背中にかけてのこわばり、プラス頭痛。

首から肩、そして背中にかけての頑固なこわばり。

加えて頭痛があればとても憂鬱ですね。

 

40代の女性、営業職の方。

診察してみると

首の付け根から背中までの筋肉ががちがちに凝り固まっています。

特に頭蓋骨から上部頸椎にかけての筋肉の固さはホンマモンです。

img_8108

img_8110

浅い層の筋肉だけでなく、深い層も固まっています。

img_8111

図にある深い層が固まると、指圧やマッサージではなかなか解決しません。(当院比較)

そこで当院では

得意の鍼治療の登場です。

img_20160924_174444-640x480

画像はかなり固いところを二本だけ写していますが、数本の置鍼からおこないました。

 

治療の手順

1)首から背中にかけての反応のある場所を10本ほど置鍼。そこにパルス刺激を加えて奥の筋肉を徹底的に緩めます。

2)その上から10分ほど遠赤外線で温めます。

3)パルスのあと、反応が残っているところを単刺で刺激を加えます。

これだけでかなり筋肉が緩み、頭痛も減少しました。(あくまで個人差があります。)

次は背骨を矯正する器械に乗ってもらい、背骨の左右の筋肉を調整し、歪みを取り払います。

その次は、高濃度酸素バーを吸引してもらい、同時に足の加圧の器械を施しました。

 

治療の目的は

硬くなった筋肉をゆるめ、→背骨を調整、→血行促進、→そして自律神経を整えます。

 

治療効果を長持ちさせるために

同じ姿勢や動作を30分以上続けることは避けていただくことと

寝不足に注意してもらうことをお伝えしました。

 

注意

頭痛を伴う場合は問診をしっかり行い、場合によっては脳の異常もあることを考慮して慎重に進めていくことを心がけています。

おかしいと思われる場合はかかりつけ医に相談することも考えておくほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*