足の痛み、外反母趾

足の異常、外反母趾、足の指の健康

健康は足からとは良く言ったものです。
動物は足が弱ると
寿命も短くなります。
狩りが出来なくなりますし。

足の不調が招くもの

人間も
足が不調だと、
なんとなく意欲的に活動したくなくなりますよね。

足の不調は活力低下となり、
免疫低下を招きます。
ひいては短命を招いてしまいます。

どうなってるの?

なので足を鍛えましょう、
となるわけですが、

その前に

ここでは
部分的なお話です。

足の指を見てみてください。

足先1

指の先はどの指もまっすぐ前方を向いていますか?
親指の付け根が横に出っ張ってませんか?
爪の色が変わってませんか?
爪の形は変形していませんか?

足先2

足の指は
体全体の不調を図る指標になります。

上記があれば
いろいろ不調を招きますが、
先ずは外反母趾の注意。
原因は様々です。

自分の足に合ってない履物。
特に幅の狭いハイヒールを長時間履く方は要注意です。

足の指の運動は、
全体の血液の流れも関係しますから
足の指に異常が現れ、動きが鈍くなっている場合は
からだ全体に異常が起こってきます。

足のゆがみはからだの異常!?

骨格の不調の代表的なものは
膝の痛み
腰、股関節の軸のブレによる慢性腰痛
首、肩こり
そのほか、腎臓や肝臓の障害などにも発展するリスクを伴います。
詳しくはまた別の機会にするとして。

どうすればいい?

予防が大切です。

と言っても、ここではあしの血行を改善するための簡単な運動をお教えします。

足の指の間に手の指を入れて
指をぐるぐる回す。
足指じゃんけん。
足の指を一本ずつ引っ張る。

これは指周りの硬くなった筋肉を緩めるためです。
そうすると、硬くなった筋肉の間にある血管や神経の締め付けが緩んできます。

もうすでに起こってしまってたら

痛みがそうきつくなくて、
歩くのにはまだ大丈夫、
って状態でしたら、テーピングでサポートという手があります。

伸縮テープで
土踏まずの縦アーチ、母趾から小趾にかけての横アーチの維持。

膝の不安定が伴うような状態で、
もう少し踏み込むとしたら
その上で靴の中に中敷、インソールを挿入します。

足全体のバランスを整える意味があります。

長い期間、同じ症状が続いていたなら
まずは専門の機関で診てもらうことが先決でしょう。

微妙に調整する角度が違ってくるからです。

足先3

ほかに症状を併発しているようであるなら、
段階的に解消を図っていくことによって
ひいては症状の短期解決となります。

足は
朝起きてから
夜寝るまではほとんど
なんのケアもされないことが多い場所です。

1日1回は
足を見てあげましょうね〜。

それだけで
足だけでなく体全体の健康が図れるのです。

足先4

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*